カウンタ

COUNTER385602

福島県立平支援学校

〒970-8001 
福島県いわき市
    平上平窪字羽黒40-45
TEL(0246)24-2501・2502
FAX(0246)23-5135
E-Mail taira-sh@fcs.ed.jp

 

Yahoo!検索

google検索

肢体不自由特別支援学校一覧(東北)

東北地区にある肢体不自由特別支援学校を紹介します。興味のある方は、直接学校のホームページにアクセスしてください。
 

日誌

ニュース
12345
2017/11/24new

ゆめ水族園を開催しました。

| by:平養Web管理者
      


 平成29年11月7日、セイコーエプソン様の協力で「ゆめ水族園」の催しが行われました。

 ゆめ水族園は、セイコーエプソン様がFantas Projection(ファンスプロジェクション)の可能性を探る中、ある病院で、これまでに実施してきた映像空間の動画を紹介した際に看護師さんからいただいた、「外になかなか出られない、入院している子どもたちに見せてあげたい」という一言から生まれた企画で、教育機関、医療機関、映像撮影に全面的に協力してくださる水族園や動物園、さらに、「ゆめ水族園」の重要な要素となる音楽や映像の制作者などの、「みんなに幸せな時間を届けたい」という優しい気持ちによって運営されています。

 ゆめ水族園は、天井、床、壁や吊るした布などにプロジェクターで海の生物、白クマやペンギンなどの映像を投影し、美しい音楽、風の流れを感じながらゆったりとした空間を楽しみます。

 本校体育館には素敵な映像空間が作られ、海の生物が自由に泳ぎ回る様子が映し出されていました。児童生徒は体育館に入った途端に「なにか違うぞ」と雰囲気の違いを感じて少し戸惑ったり、見たことのない映像空間に驚いたりしていました。何枚も重なる布状のスクリーンの中を通り抜けた時には、海の中にいるかと錯覚したり、天井と壁一面を使った大きなスクリーンに映し出されたペンギンや白クマの迫力に圧倒されたり児童生徒の表情はとてもうれしそうでした。午後には、保護者や本校周辺施設の方々が来園し楽しまれました。

 児童生徒は、普段の生活では味わえない夢のような素敵な空間を体験することができました。セイコーエプソンの皆様、ありがとうございました。


15:01
2017/10/24

給食試食会

| by:平養Web管理者
  
 10月11日に給食試食会を行いました。学校給食の試食をとおして食事についての理解を深めていただくことを目的として毎年1回行っています。今年度は11名の保護者の方々が参加してくださいました。

 今年度のテーマは「給食調理の配慮点と再調理食ができるまで」です。保護者の皆さんは、厨房での調理の様子を撮影したビデオを見ながら、給食調理の衛生面、安全面について、本校栄養士の話を聞きました。異物が混入しないよう調理員さんの服装や手洗いについて徹底した衛生管理をしていること、安全に食べるための温度管理、再調理食の調理ではその段階に応じて圧力鍋やミキサー、裏ごし器などを利用してより食べやすい形態にしていることなど、安全で安心な給食を提供するため、厨房では日々細かな配慮がなされていることが分かりました。

 栄養士による講話の後は、当日の給食「秋を感じるパンメニュー」を会食しました。「ナスのミート煮込み」「大根サラダ」「さつまいもシチュー」「黒糖パン」「オレンジ」「牛乳」の献立は、本校の子どもたちからも人気のあるメニューです。希望者には再調理食の給食も提供しました(パンは、通常食の方には黒糖パンそのままで提供。再調理食(パン粥)の方にはパン粥に別皿で黒糖が付きました)。会食時には、厨房から来てくださった調理員の方に作り方などを質問したり、参加された皆さんで家庭での食事の様子の情報交換をしたりしながら和やかに会が進みました。
16:46
2017/10/23

「あ・そ・び・ば」について

| by:平養Web管理者
  
 早期教育相談室「あ・そ・び・ば」では就学前の発達の気になるお子さんを対象に遊びの場を提供しています。

今年度は、年10回を予定しており、10月までに6回開催しました。

 ボールプールで遊んだり、小麦粉粘土で感触を楽しんだり・・・参加してくれたお子さんたちはそれぞれ楽しみながら活動しました。


10:17
2017/09/29

児童生徒会レクリエーション

| by:平養Web管理者


  9月25日(月)児童生徒会役員のスムーズな進行のもと、小中学部のレクリエーションが行われました。ABCDの4チームに分かれ、ハンディングハンドでチームメンバー同士、あいさつ・握手を交わして親睦を深めた後は、一つのバルーンをゴールまで連携して運ぶチーム対抗形式のボールボンボンゲームが行われました。優勝チームには、表彰式でトロフィーが贈呈されることもあり、どのチームも互いに声を掛け合い、張り切ってゲームに臨んでいました。見事Bチームの優勝で幕を閉じ、レクリエーション後には学部を超えた友情がより一層深まったようでした。児童生徒会役員の皆さんも企画運営お疲れ様でした!
14:43 | ニュース
2017/09/12

平成29年度 交通安全標語

| by:平養Web管理者

今年度も、本校職員の交通安全の意識高揚を図るため『交通安全標語コンクール』を開催しました。

46作品の応募の中から、次の作品が選ばれました。

 

最優秀賞作品

 暗がりは ロースピードで ハイビーム

優秀作品(2点)

 ちょっとぐらい… 事故の原因 そこにあり

 通勤路 いつも初心を 忘れずに

入選作品(3点)
 子の笑顔 守るベルトは 命綱

 目指せ 無事故 無違反 金メダル

 忙しすぎ ケータイ見すぎ はい。リスキー!


13:22
2017/08/16

平成29年度 不審者対応訓練

| by:平養Web管理者

 夏季休業中に教職員を対象に、警察の方にお越しいただき不審者対応訓練を実施しました。不審者役の警察官の迫真の演技に、緊迫感のある実戦訓練ができました。相模原の事件はまだ記憶に新しく、職員の中からは「もしなら、どうすればよいか」と様々な場面を想定した質問も例年以上に数多く出され、的確な助言をいただくことができました。防犯に対する意識が更に高まる有意義な訓練になりました。


08:19
2017/05/22

190人の子どもたちを救う!!

| by:平養Web管理者

児童生徒会では、エコキャップ回収運動を行っており、先日、集まったペットボトルキャップを「ふくしまキッズエコ運動事務局」に依頼し、引き取ってもらいました。

世界にはワクチンの接種ができずに、1日4,000人の子どもの命が失われています。今回引き取ってもらったペットボトルキャップは、総重量380㎏にもなりポリオワクチンに換算すると何と190人分になりました。つまり190人の子どもたちの命を救うことができたことになります。児童生徒会の役員たちも、「支援される側」から「支援する側」になれたと喜んでいました。

日頃から子どもたちの活動に賛同し、ペットボトルキャップを提供して下さった保護者の皆様、ありがとうございました。今後とも引き続き、ご協力よろしくお願いします。




13:43
2017/01/11

「あ・そ・び・ば」クリスマス会

| by:平養Web管理者
 12月9日(金)は、「あ・そ・び・ば」のクリスマス会を実施し、未就学のお子さん4名が参加しました。前半はボールプールや校内探索などそれぞれ好きな活動で遊び、後半にはみんなで集まってクリスマス会を行いました。クリスマス会の途中に、サプライズでサンタさんとトナカイが登場すると、子どもたちは驚いているようでしたが、一緒に『赤鼻のトナカイ』を歌ったり、プレゼントをもらったりすると笑顔になり、うれしそうにする様子が見られました。


13:25
2016/12/12

ご寄贈いただきました

| by:平養Web管理者


 平成28年12月7日(水)
 教育公務員弘済会福島支部様より防災品など22万円相当の物品を寄贈いただきました。
 いただいた寄贈品は次のとおりです。
 ①簡易発電機…カセットコンロ用ガスボンベが使える優れものです。
 ②安全さすまた…2本いただきました。
 ③拡声器 ほか


        寄贈品贈呈式(本校校長室にて)

 簡易発電機
17:38
2016/12/12

親子はみがき教室

| by:平養Web管理者

11月21日()に親子はみがき教室が行われ、小学部1年生の児童と保護者、教員がはみがきの大切さについて学びました。

いわき市保健所から歯科衛生士2名と保健師1名を講師としてお招きし、「はみがきの大切さと六歳臼歯」「模型を使ってのはみがき指導」「染め出しによる磨き残し場所の理解」「仕上げ磨きのアドバイス」の講話をいただきました。実際に子どもたちの歯や歯茎に歯ブラシを当ててブラッシングしながら、仕上げ磨きのアドバイスを個別に教えていただいたことで、家庭や学校でのはみがきの参考になりました。また、フッ化物配合ジェルの効果的な使い方や飲料物摂取の工夫についての話も身近なもので、みなさん真剣に取り組んでいました。


11:35
12345